Book Summary

Book Summary

東大の先生! 超わかりやすくビジネスに効くアートを教えてください!(かんき出版)三浦俊彦

レビュー 本書を読んで自分なりのアートの定義をすることができる最高のアート指南書でした。アートは「常識をぶち壊す工夫」というのが本書の定義でした。さらにアートはそれ自体が目的であり日常と切り離された存在だという点も大きな気づきでした。能率...
Book Summary

経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社) 山口周

レビュー タイトルにある通り、世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのかが明確になる一冊でした。本書では、論理はサイエンスで、直感がアートと定義されており、今の時代はサイエンスだけではコモディティ化しちゃうので、個人の自己実現を満たすため...
Book Summary

きみのお金は誰のため(東洋経済新報社)田内学

レビュー この本は自分が精神的にも物理的にも豊かでないと向き合えない本だというのが読み終わった正直な感想となる。ビルゲイツにして、著者にしても賢いので若いころからお金の本質は理解していたのかもしれない、しかし格差のない豊かな生活を他社へ提...
スポンサーリンク
Book Summary

論点思考(東洋経済新報社)内田和成

レビュー 「あなたは上司から与えられた問題や課題の設定が正しいのか考えたことがありますか?」「与えられた問題や課題を解けば成果が出ると考えていませんか?」 本書は仕事をする上で、どのような思考することが成果につながるのかを教えてくれ...
Book Summary

ハッとする言葉の紡ぎ方(祥伝社)堤藤成

レビュー 言葉には、様々な力があります。人を元気づける力、ホッさせる力、慰める力などなど、私たちは知らず知らず言葉によって、影響を受けています。本書の著者はコピーライターです。コピーライターというのは主に、商品を買いたくなる言葉を創り...
Book Summary

ベンチャーキャピタルの実務(東洋経済新報社)福島智史

レビュー 25年以上前からグローバルな機関投資家の資金を運用し、メルカリやスマートニュースなど複数のユニコーンを支えてきた国内最大級の独立系VC、GCP(グロービス・キャピタル・パートナーズ)」が培ってきた実践的アプローチを書籍化。 ...
Book Summary

流浪の月 (東京創元社) 凪良ゆう

レビュー 凪良ゆうの2020年本屋大賞も受賞した本作のあらすじを紹介します。『流浪の月』は、家内更紗さらさと佐伯文というふたりの男女の、運命的な出会いと関係の変化を描く物語です。主人公の更紗は、肩肘張らない生活を謳歌し、周囲の人々からは...
Book Summary

坊っちゃん (新潮文庫) 夏目漱石

レビュー 本作品は、江戸時代から明治時代へと時代が移り変わり、文明開化によって引き起こされた価値観の変化や社会の歪みが登場人物を通してユーモラスに描かれています。主人公の坊っちゃん、下女の清、同僚の山嵐など作中で「正義」として描かれている...
Book Summary

こころ(千歳出版)夏目漱石

レビュー 夏目漱石の晩年に執筆されたこの小説は、明治末期の東京と鎌倉を舞台に、学生の「私」と謎めいた「先生」との交流、そして先生の過去に秘められた悲劇的な恋愛と自殺の物語です。 小説は三部構成となっており、最初の部分では「先生と...
Book Summary

汝、星のごとく(講談社)凪良ゆう

レビュー 2020年本屋大賞を受賞し、22年には実写映画化された『流浪の月』で有名な凪良ゆうさん。この作品は約2年ぶりの長編作品になります本作では、2人の若者の成長と絆を描かれています。物語は、瀬戸内の島で育った高校生の暁美(あけみ)と、...
タイトルとURLをコピーしました