Book Summary

Book Summary

ベンチャーキャピタルの実務(東洋経済新報社)福島智史

レビュー 25年以上前からグローバルな機関投資家の資金を運用し、メルカリやスマートニュースなど複数のユニコーンを支えてきた国内最大級の独立系VC、GCP(グロービス・キャピタル・パートナーズ)」が培ってきた実践的アプローチを書籍化。 ...
Book Summary

流浪の月 (東京創元社) 凪良ゆう

レビュー 凪良ゆうの2020年本屋大賞も受賞した本作のあらすじを紹介します。『流浪の月』は、家内更紗さらさと佐伯文というふたりの男女の、運命的な出会いと関係の変化を描く物語です。主人公の更紗は、肩肘張らない生活を謳歌し、周囲の人々からは...
Book Summary

坊っちゃん (新潮文庫) 夏目漱石

レビュー 本作品は、江戸時代から明治時代へと時代が移り変わり、文明開化によって引き起こされた価値観の変化や社会の歪みが登場人物を通してユーモラスに描かれています。主人公の坊っちゃん、下女の清、同僚の山嵐など作中で「正義」として描かれている...
スポンサーリンク
Book Summary

こころ(千歳出版)夏目漱石

レビュー 夏目漱石の晩年に執筆されたこの小説は、明治末期の東京と鎌倉を舞台に、学生の「私」と謎めいた「先生」との交流、そして先生の過去に秘められた悲劇的な恋愛と自殺の物語です。 小説は三部構成となっており、最初の部分では「先生と...
Book Summary

汝、星のごとく(講談社)凪良ゆう

レビュー 2020年本屋大賞を受賞し、22年には実写映画化された『流浪の月』で有名な凪良ゆうさん。この作品は約2年ぶりの長編作品になります本作では、2人の若者の成長と絆を描かれています。物語は、瀬戸内の島で育った高校生の暁美(あけみ)と、...
Book Summary

シン・ニホン(NewsPicks)安宅和人

レビュー 本書は、日本の現状とこれからのAI時代にとるべき戦略をファクトベースでわかりやすく解説しています。この本を読めば、日本の今の現状を知り、これからどう世界と戦っていけばいいかわかります。また、個人がきたるAI時代をどう生き抜いてい...
Book Summary

僕らが毎日やっている最強の読み方(東洋経済新報社)池上 彰/佐藤 優

レビュー 池上彰氏や佐藤優氏は、極限的に多忙ななか、あらゆるメディアから幅広い知識と教養を得て、血肉にしている。どうすれば彼らのように知的生産性を上げ、自分の力で世の中を読み解けるようになるのだろうか。 そんな疑問を解決すべく、本書で...
Book Summary

正欲(新潮文庫)朝井リョウ

レビュー 生き延びるために 本当に大切なものとは、何なのだろう。小説家としても一人の人間としても、明らかに大きなターニングポイントとなる作品です。 ――朝井リョウ ”読む前の自分には戻れない”という前評判は間違ってなかったと思う。誰...
Book Summary

大人の流儀(講談社)伊集院静

レビュー 伊集院静のエッセイ集『大人の流儀』に、特別なことは何も書かれていない。叱らなければならないときは叱れ、危険を察知したらただちに対処せよ、空気よりも流れを読め。「流儀」というよりも、「あたりまえ」のこと、「常識」である。読者も「...
Book Summary

解像度を上げる(英治出版)馬田隆明

レビュー 先ず、解像度とは、元々は画像を表現するピクセルの密度の事です。例えばハートを表現するのに、10x10と20x20では、後者の方がより精彩に表現できます。このように数字が大きいほど、解像度が高く、はっきりと見えるという事です。これ...
タイトルとURLをコピーしました