ビジネス・経済

Book Summary

論点思考(東洋経済新報社)内田和成

レビュー 「あなたは上司から与えられた問題や課題の設定が正しいのか考えたことがありますか?」「与えられた問題や課題を解けば成果が出ると考えていませんか?」 本書は仕事をする上で、どのような思考することが成果につながるのかを教えてくれ...
Book Summary

ハッとする言葉の紡ぎ方(祥伝社)堤藤成

レビュー 言葉には、様々な力があります。人を元気づける力、ホッさせる力、慰める力などなど、私たちは知らず知らず言葉によって、影響を受けています。本書の著者はコピーライターです。コピーライターというのは主に、商品を買いたくなる言葉を創り...
Book Summary

ベンチャーキャピタルの実務(東洋経済新報社)福島智史

レビュー 25年以上前からグローバルな機関投資家の資金を運用し、メルカリやスマートニュースなど複数のユニコーンを支えてきた国内最大級の独立系VC、GCP(グロービス・キャピタル・パートナーズ)」が培ってきた実践的アプローチを書籍化。 ...
スポンサーリンク
Book Summary

シン・ニホン(NewsPicks)安宅和人

レビュー 本書は、日本の現状とこれからのAI時代にとるべき戦略をファクトベースでわかりやすく解説しています。この本を読めば、日本の今の現状を知り、これからどう世界と戦っていけばいいかわかります。また、個人がきたるAI時代をどう生き抜いてい...
Book Summary

僕らが毎日やっている最強の読み方(東洋経済新報社)池上 彰/佐藤 優

レビュー 池上彰氏や佐藤優氏は、極限的に多忙ななか、あらゆるメディアから幅広い知識と教養を得て、血肉にしている。どうすれば彼らのように知的生産性を上げ、自分の力で世の中を読み解けるようになるのだろうか。 そんな疑問を解決すべく、本書で...
Book Summary

大人の流儀(講談社)伊集院静

レビュー 伊集院静のエッセイ集『大人の流儀』に、特別なことは何も書かれていない。叱らなければならないときは叱れ、危険を察知したらただちに対処せよ、空気よりも流れを読め。「流儀」というよりも、「あたりまえ」のこと、「常識」である。読者も「...
Book Summary

解像度を上げる(英治出版)馬田隆明

レビュー 先ず、解像度とは、元々は画像を表現するピクセルの密度の事です。例えばハートを表現するのに、10x10と20x20では、後者の方がより精彩に表現できます。このように数字が大きいほど、解像度が高く、はっきりと見えるという事です。これ...
Book Summary

スタートアップ―起業の実践論(技術評論社)伊藤紀行

レビュー 政府は2022年を「スタートアップ創出元年」と位置付け、スタートアップへの投資額を5年で10倍を超える10兆円規模とすることを目指す「スタートアップ育成5か年計画」を策定しました。より多くのスタートアップ創出、規模拡大のための支...
Book Summary

9割の社会問題はビジネスで解決できる(PHP研究所)田口一成

レビュー 突然ですが、ソーシャルビジネスという言葉をご存知ですか? ソーシャルビジネスが扱うのは、「儲からない」とマーケットから放置されている社会問題です。従来のビジネスも誰かの問題を解決して価値提供していますが、そこにはニーズがあ...
Book Summary

新規事業の実践論(NewsPicksパブリッシング)麻生要一

レビュー 「新規事業開発」をすべき理由がある。 少し極端な表現になりますが,企業の中にあるほぼすべての仕事はそれがどんなに花形の仕事であったとしても,「定年後には確実に価値がなくなる仕事」です。つまり,「企業の未来のための仕事ではあ...
タイトルとURLをコピーしました