教育・自己啓発

Book Summary

伝える力 (PHPビジネス新書)池上彰

レビュー ★200万部突破! 池上さんの本で一番売れている国民的ベスト&ロングセラー★ 商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話での交渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事...
Book Summary

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉 (アスコム) 原晋

レビュー 営業マンとして実績を積み重ねる過程で、チームを作り上げるためには何が必要か、人を育てるとはどういうことなのか、原監督が青学を変えるために箱根駅伝で連覇し有名になるもっと前から少しずつ変化させてきた軌跡が本書を通して理解できます。...
Book Summary

教養としての落語 (サンマーク出版)立川 談慶

レビュー 落語といよりはビジネスマンとしての教養という言葉に惹かれて読み始めましたが、見事に落語の魅力に取りつかれました。落語の成立過程や落語界の仕組み、落語の構成とともに勿論作品それぞれも紹介されていてその解説がまた面白いです。落語の...
スポンサーリンク
Book Summary

インプット大全 (サンクチュアリ出版)樺沢紫苑

レビュー 私が本書を読み終わって印象に残ったキーフレーズといえば「AZ(アプトプット前提)」である。本書はこの言葉に集約されていると私は思っています。インプットを行う際にアウトプットを前提として考えることで、インプットの質が何倍・何十倍に...
Book Summary

芸人交換日記~イエローハーツの物語~ (太田出版) 鈴木おさむ

レビュー 架空の芸人コンビ、イエローハーツの二人が、男同志なのに交換日記を始めて本音をぶつけあうというお話です。 交換日記形式で書かれており、ちょっと変わった小説です。イエローハーツの二人は、芸歴10年を超えて、M1にも出れなくて、弱小...
Book Summary

豊田章男 (東洋経済新報社) 片山修

レビュー 豊田章男は何者なのか?「失われた30年」と呼ばれた平成の時代において、トヨタ自動車は国内でもっとも時価総額を伸ばした企業だ。1989年に約9兆円だった同社の時価総額は、2020年2月時点で約25兆2200億円にのぼる。2位のソフ...
Book Summary

世界で通用する人がいつもやっていること (アスコム) 中野信子

レビュー 世界で通用する人がいつもやっていることとは、具体的にはどういうことなのでしょうか? 実は、「空気は読まない」「敵を味方にしていく」「適度なストレスを与える」「いつでも仕事が楽しそう」など、ちょっと練習が必要なものもありますが誰も...
Book Summary

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎) 出口 治明

レビュー 著者の出口さんは、「教養を身につけるには何冊ぐらいの本を読めばいいのですか?」という質問を受けることがあるそうです。そういう質問を受けるたび、シャネルの「私のような大学も出ていない年をとった無知な女でも、まだ道ばたに咲いている花...
Book Summary

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 (東洋経済新報社) 津川友介

レビュー 「科学的に証明された究極の食事」とは、強い科学的根拠を持ち、同時に今後大きく覆らないだろうと考えられる普遍性を備えた食事のことです。 なぜなら本来「科学的な検証によると、どうやら真実に近いらしい」と言うためには、科学的根拠の強...
Book Summary

空腹こそ最強のクスリ (アスコム) 青木 厚

レビュー ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、医学的に正しい食事術(半日断食)についての医学的な根拠と手法が纏められています。最新医学エビデンスに基づく本当に正しい食事法は、「何を食べるか」ではなく、「食べない時間(空腹の...
タイトルとURLをコピーしました