小説・文学・評論

Book Summary

コーヒーが冷めないうちに (サンマーク出版) 川口俊和

レビュー 4回泣けると話題の映画『コーヒーは冷めないうちに』は、夏が終わり秋の物思いに耽る季節にぴったりな作品です。「時間をはかるにはカレンダーや時計がありますが、はかってみたところであまり意味はありません。というのは、だれでも知ってい...
Book Summary

永い言い訳 (文藝春秋)西川美和

レビュー 映画を見た感想としては、少なからずや幸夫が自分と重なるところがあり、虚しさと寂しさを感じました。自分への劣等感を隠しながら虚勢を張る自分を見抜いている妻、そんな妻へ接する態度などまるで自分を見ているようでした。自分のプライドを守...
Book Summary

走れメロス (新潮文庫) 太宰治

理解度チェック レビュー 『走れメロス』は、太宰治の短編小説です。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語になります。国語の教科書で読んだことがある方も多いのではな...
Book Summary

こころ (新潮文庫) 夏目 漱石

理解度チェック レビュー ストーリーは、少年が鎌倉の海岸で いつもどこか寂しげな男性に出会う所からスタートします。少年は、その男性のことを「先生」と呼ぶようになります。父親の見舞いで故郷に帰省していた少年は、先生から届いた自殺...
Book Summary

銀河鉄道の夜 (新潮文庫) 宮沢賢治

理解度チェック レビュー 「ほんとうの幸(さいわい)とは何か?」これこそが本書で一貫して問われているテーマだと感じました。本当の幸せは、『銀河鉄道の夜』全体を貫く重要なテーマです。実際本書では5つの場面で、本当の幸せについて計...
Book Summary

竜馬がゆく (文春文庫) 司馬遼太郎

理解度チェック レビュー この『竜馬がゆく』という作品はすさまじい反響を呼び、「坂本龍馬」という人物の評価さえも左右することになります。「少しとぼけたところがありながらも快活で物事の本質を見極め、大局観を有した土佐弁の剣士」と...
タイトルとURLをコピーしました