Book Summary

キリンビール高知支店の奇跡 (講談社)田村潤

レビュー アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ――地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった!筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した方法とは?驚異の逆転劇から学ぶ、営...
Book Summary

ファシリテーションの教科書(東洋経済新報社)吉田素文

レビュー この本はファシリテーションについて、それはどのような技術であるのか、その目的や上手く議論を進行させるための考え方、手法が体系的に記載されています。 ファシリテーションとは、議論の参加者に目的と理由を深く理解させ、具体的なあ...
Book Summary

英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティン(KADOKAWA)MiracleVellMagic

レビュー 英語を話せないのは「話していないから」。アウトプット量が足りていないからなのです。発音、文法、完璧を気にするのは相手がいるから、相手がいると構えてしまう、それなら独り言のように英語をアウトプットしまくってみたら上達したよというの...
スポンサーリンク
Book Summary

ヤフーの1on1(ダイヤモンド社)本間浩輔

レビュー Zホールディングス(旧ヤフー)が好調な理由が1on1にあるのではと思えるほど、社長も含めて会社として1on1にコミットしている印象をもちました。2012年、宮坂氏への社長交代による新体制発足と同時に始まった1on1は、ヤフーの組...
Book Summary

若手育成の教科書 サイバーエージェント式 人が育つ「抜擢メソッド」(ダイヤモンド社)曽山哲人

レビュー 本書では、若手が勝手に育つ自走サイクルを創ることが重要であり、そのための最大のポイントは「抜擢」であると述べられています。とにかく抜擢すること重要性を繰り返し主張されています。自走サイクルは、次の4つの要素で成り立っています。 ...
Book Summary

1%の努力(ダイヤモンド社)ひろゆき

レビュー この「1%の努力」では、 2chの創始者で、現在は論破王インフルエンサーとして活躍するひろゆきさん自身の生い立ちや過去が多く語られており、前々からひろゆきさんに興味があった私にとっては非常に興味深い内容でした。本書のメインメッセ...
Book Summary

プロセスエコノミー(幻冬舎)尾原和啓

レビュー 良いモノがあふれた時代、性能や機能はどれも大差ありません。どこで差をつけるのか、それはプロセスです。作る過程自体を売るのがプロセスエコノミーです。情熱を持ってモノを作る時にはドラマがあります。その瞬間に立ち会いたい人は多くいるの...
Book Summary

「具体⇄抽象」思考力が飛躍的にアップするトレーニング (PHPビジネス新書) 細谷 功

レビュー 「具体⇄抽象」とは文字通り、具体化と抽象化を行き来する思考法を指す。この思考法は汎用性が高く、特に「問題解決」と「コミュニケーション」の分野で有効です。問題解決は、問題の発見と(狭義の)解決に分けられる。具体的な事象を抽象化する...
Book Summary

習慣超大全 (ダイヤモンド社) BJ・フォッグ

レビュー 著者は冒頭で、行動が継続できない人に対して「あなたは悪くない」と宣言しています。 何かを新たに始めようと決意しても翌日にはそれを忘れてしまう、三日坊主にもならないほど意志の弱い人間なのだと悩んでいるあなた、徹底的にやるべきだな...
Book Summary

星の王子さま (新潮文庫) サン=テグジュペリ

レビュー いちばんたいせつなことは、目に見えない 世界中の言葉に訳され、70年以上にわたって読みつがれてきた宝石のような物語。世界中の子供が、そして大人が読んできた。世紀を越えるベストセラー。 砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会っ...
タイトルとURLをコピーしました