Book Summary

コーヒーが冷めないうちに (サンマーク出版) 川口俊和

レビュー 4回泣けると話題の映画『コーヒーは冷めないうちに』は、夏が終わり秋の物思いに耽る季節にぴったりな作品です。「時間をはかるにはカレンダーや時計がありますが、はかってみたところであまり意味はありません。というのは、だれでも知ってい...
Book Summary

永い言い訳 (文藝春秋)西川美和

レビュー 映画を見た感想としては、少なからずや幸夫が自分と重なるところがあり、虚しさと寂しさを感じました。自分への劣等感を隠しながら虚勢を張る自分を見抜いている妻、そんな妻へ接する態度などまるで自分を見ているようでした。自分のプライドを守...
Book Summary

水は答えを知っている (サンマーク文庫) 江本勝

レビュー 世界31カ国で話題のロングセラーである本書に書かれている水に「ありがとう」というポジティブな言葉をが形のととのったきれいな氷結結晶をつくるという話を耳にした方も多いのではないでしょうか?はじめに、本書にかかれていることが科学的根...
スポンサーリンク
Book Summary

次世代通信5G革命 (東洋経済新報社)

レビュー 5Gによって私たちの生活がどう変わるのかを分かり易く網羅的に纏めているのが本書である。自動運転や工場IoT化など個別で5G特集されたものは多いが、本書は5Gに関わる産業が全方位的に解説されているところがメリットである。ラグビーワ...
Book Summary

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉 (アスコム) 原晋

レビュー 営業マンとして実績を積み重ねる過程で、チームを作り上げるためには何が必要か、人を育てるとはどういうことなのか、原監督が青学を変えるために箱根駅伝で連覇し有名になるもっと前から少しずつ変化させてきた軌跡が本書を通して理解できます。...
Book Summary

『鬼滅の刃』流 強い自分のつくり方 (アスコム) 井島由佳

レビュー 「強い自分を作るには、当たり前のことを当たり前に実践する」私はこれこそが本書のキーメッセージだと受け取りました。 国民的マンガとなった『鬼滅の刃』の主人公の炭治郎が強くなっていく姿を通して、人生を切り開く方法を心理とキャリアの...
Book Summary

全裸監督 村西とおる伝 (太田出版) 本橋信宏

レビュー 人生、死んでしまいたいときには下を見ろ! おれがいる。前科7犯。借金50億。米国司法当局から懲役370年求刑。奇跡の男か、稀代の大ボラ吹きか。“AVの帝王”と呼ばれた裸の男の半生(ノンフィクション)。 日本経済に必要なの...
Book Summary

教養としての落語 (サンマーク出版)立川 談慶

レビュー 落語といよりはビジネスマンとしての教養という言葉に惹かれて読み始めましたが、見事に落語の魅力に取りつかれました。落語の成立過程や落語界の仕組み、落語の構成とともに勿論作品それぞれも紹介されていてその解説がまた面白いです。落語の...
Book Summary

インプット大全 (サンクチュアリ出版)樺沢紫苑

レビュー 私が本書を読み終わって印象に残ったキーフレーズといえば「AZ(アプトプット前提)」である。本書はこの言葉に集約されていると私は思っています。インプットを行う際にアウトプットを前提として考えることで、インプットの質が何倍・何十倍に...
Book Summary

芸人交換日記~イエローハーツの物語~ (太田出版) 鈴木おさむ

レビュー 架空の芸人コンビ、イエローハーツの二人が、男同志なのに交換日記を始めて本音をぶつけあうというお話です。 交換日記形式で書かれており、ちょっと変わった小説です。イエローハーツの二人は、芸歴10年を超えて、M1にも出れなくて、弱小...
タイトルとURLをコピーしました